パーマがかかりにくい原因はシャンプーにあり | ヘアケアシャンプー比較サイト|ダメージのない美しい髪へ

alt_02

パーマがかかりにくい原因はシャンプーにあり

皆さんもパーマやカラーがかかりにくい。 もしくは、すぐ取れちゃうという悩みを持っている方はいませんか? その原因は普段使っているシャンプーにも原因があるんです。

髪の毛のダメージが原因のひとつ

パーマがかかりにくくなる原因はいくつかありますが、一番の原因は髪の毛がダメージを受けて キューティクルがスカスカになることです。 これは、普段から洗浄力の強いシャンプーを使い続けていると シャンプーをするだけで髪が痛んでいってしまいます。 洗浄成分に界面活性剤が使われているシャンプーは洗浄力が強いので、 髪の毛に必要な油分まで洗い落してしまい、髪が無防備になるので紫外線や乾燥で痛んでしまうんですね。 毎日のシャンプーには、肌の成分とよく似た原料が使われているアミノ酸シャンプーが髪や頭皮に優しいのでオススメです。

シャンプーやトリートメントに入っているシリコンにも要注意

市販されているシャンプーやトリートメントの多くには、シリコンが入っています。 シリコンの効果は髪の毛に艶を出して、手触りを良くする効果があるのですが、実はこのシリコン、毎日のシャンプーでは洗い落とすことが難しく、髪の毛や頭皮に蓄積していってしまうんです。 すると、塗り固められたシリコンが邪魔をして、パーマ液が髪の毛の芯まで浸透せずに施術されるので、 かかりにくかったり、すぐ取れたりするんですね。 シリコンを取り除いて、パーマをかかりやすくする為には、最初に髪の毛全体にパーマ液を塗布して、 数分放置してシリコンを溶かす必要があります。

その他にパーマがかかりにくくなる原因は?

その他の原因としては、髪が太く剛毛な人。このタイプの人はパーマ液が浸透しにくい為、 かかりにくくなります。対策としてはカラーなどを先にするとパーマがかかりやすくなります。あとは、猫毛の人、このタイプの人はキューティクルが少ないのでパーマがかかりにくくなります。 対策としては、従来のコールドパーマよりも、デジタルパーマをする方がウェーブが出やすくなります。

まとめ

以上のように、パーマがかかりにくくなる原因と対策をまとめてみましたが、髪の毛のダメージが 大きすぎてパーマがあたりにくいという方が圧倒的に多いという印象があります。 毎日使うシャンプーを良質のアミノ酸シャンプー変えることで、頭皮と髪の健康を保つことができ、 パーマもかかりやすくなり、パーマで痛んだ髪もすぐに回復するので、 一度シャンプーの見直しを検討されてはいかがでしょうか?

よかったら応援クリックをお願いします♪

ヘアケアランキング

オススメ記事

BAKUシャンプー&トリートメント

BAKUシャンプー&トリートメントは、2つの有用性分でめぐりを改善させ、栄養を届けることで、頭皮環境を整えます。シリコンや合成着色料など、不要な成分は使用していません。6種の天然植物エキス配合で、髪にハリ、コシを与えます。

LABOMO

LABOMOは、ノンシリコンですが、シャンプーの泡立ちも良く、使用感にも妥協しないスカルプケアです。ハリ、コシがでるタイプと、ツヤ、潤いの出るタイプが選べます。独自の技術で有効成分を届け、頭皮をしっかり潤すのが特徴です。

TOP